3/17、3/20、3/31午前診察あります

ぬり薬(皮膚外用薬)

子どもの肌は非常にデリケートです。おむつかぶれ。乳児湿疹、アトピー性皮膚炎など何かとトラブルが起こります。予防のためにも、ぬり薬を使ってトラブルが起こらないようにしましょう。ぬり薬にはいろいろな種類があります。ここでは、その特徴や使い方を説明します。

基剤について

ぬり薬は効能がある主剤と主剤の吸収を助ける、基剤と分かれます。ステロイドや、抗ヒスタミン薬、抗生物質が主剤にあたります。基剤はその成分によって、大きく油脂性基剤と乳剤性基剤とに分けられます。油脂性基剤はその名の通り、油が主成分です。乳剤性基剤は水と油を乳化させた状態です。本来水と油は混ざり合いませんが、界面活性剤を使用して混ざり合わせることができます。これを乳化といいます。乳剤性基剤は外側が油成分で内側が水成分であるoil in water(O/W型)とその反対のwater in oil(W/O型)に分けられます。

特徴

基剤の種類によってぬり薬の特徴が変わります。油脂性基剤ではべとっした感じがありますが、水成分が主であるO/W型乳剤性基剤はさらっとした感覚です。それぞれの特徴を表にまとめます。
ぬり薬種類利点欠点代表薬
油脂性基剤皮膚刺激が少ない
皮膚保護作用がある
吸水性が低い
べとつきやすい
ワセリンなど
O/W型乳剤性基剤水で洗い流せる
皮膚の冷却効果がある
止痒、抗炎効果
乳化が壊れやすい水溶性クリーム
W/O型乳剤性基剤皮膚刺激が少ない
油脂性基剤の混和が安定
水では洗い流すのが困難ヒルドイドソフト軟膏など

使用量

大人の人差し指の第一関節部まで出した量が手のひら2つ分の広さを目安にします。1 finger tip unitといわれています。

種類

保湿剤
一般名基剤特徴
白色ワセリン油脂性皮膚保護作用に優れるがべとつきやすく、吸水性は乏しい
アズノ-ル軟膏油脂性抗炎症作用、抗アレルギー作用ある。
ワセリンにアズレンなどを混ぜたもの
亜鉛華軟膏油脂性白色ワセリンと酸化亜鉛など、吸水性に優れる
亜鉛華単軟膏油脂性酸化亜鉛の抗炎症作用あり、べたつきが少ない
ヒルドイド乳剤性
W/O,O/W
刺激性が弱く、保湿作用が強力
尿素軟膏乳剤性保湿効果が強い、傷があるとしみる
ザーネ軟膏
ユベラ軟膏
乳剤性
O/W
皮膚の代謝機能亢進し角化を抑える
ステロイド外用薬
ステロイド強さ薬剤名
ストロンゲストⅠ群デルモベート,ジフラール,ダイアコート
ベリーストロングⅡ群ネリゾネ,テクスメテン,マイザー,アンテベート,フルメタ,トプシム,リンデロン-DP,パンデル
ストロングⅢ群メサデルム,ザルックス,ボアラ,エクラー,ベトネベート,リンデロン-V,フルコート
ミディアムⅣ群アルメタ,キンダベート,ロコイド,リドメックスコーワ,アフタゾロン,レダコート,グリメサゾン
ウィークⅤ群プレドニゾロン
その他
効能薬剤名特徴
免疫抑制外用薬プロトピック免疫反応をおさえてアトピー性皮膚炎のかゆみや炎症をおさえる
ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤コレクチム免疫反応を抑えることで、皮膚の炎症をしずめる、アトピー性皮膚炎の薬
抗ヒスタミン外用薬ベナパスタ,レスタミン軟膏かゆみを抑える
クロタミトンオイラックスかゆみを抑える
ヒドロコルチゾン、混合死菌浮遊液エキザルベ湿潤,びらん,湿疹,おむつかぶれ