急募、看護師、准看護師さん

尿路感染症

おしっこが作られる腎臓からおしっこをためる膀胱、おしっこが出ていく尿道までを尿路といいます。ばい菌などにより尿路に感染が起こると、発熱、腹痛、活気の低下、不機嫌が起こります。せき、たんがないのに高熱の時は尿路感染症を積極的に疑います。特に腎臓にまで炎症が広がると症状が重症化し入院して抗生剤の投与をしなければなりません。発症初期は診断が難しいときもあります。適宜尿検査、血液検査などを行って診断します。腹部超音波検査で診断できることもあります。