3/17、3/20、3/31午前診察あります

子どもの成長発達

子どもの成長は早いものです。成長発達についてのあくまで目安をお示しします。

成長カレンダー

体重、身長の目安

体重、身長、肥満度の計算ソフトを作りました。一部データ不足で正確な値は出ません。用意した計算ソフトでは診断はできません。あくまで目安です。気になることがありましたら受診をおすすめします。詳しい検査を進めていきましょう。

標準スコアとパーセンタイル
上のようなグラフを正規分布と呼びます。身長は正規分布になると言われています。標準偏差(SD)とは平均からどのくらい離れているかを表す指数です。パーセンタイルは全体を100と考えて小さいほうから何番目かを表す数です。平均からSDの何倍離れているかをSDスコアを使って異常、正常を判断します。正規分布の場合、+2SD=97.7パーセンタイルと考えます。-2SD,+2SDが異常の目安となっています。平均値はSDスコアでは0、パーセンタイルでは50になります。例えば、色を塗っている部分は+1SDより大きい、パーセンタイルで言うと一番大きい番号を100として84.1番目までに入る部分です。ちなみに体重は正規分布を取らないと言われています。

カウプ,ローレル指数

肥満度

肥満度の評価
①身長70cm~120cm,6歳未満
肥満度判定
+30%≧ふとりすぎ
+20% ≦ X<+30%ややふとりすぎ
+15% ≦ X<+30%ふとりぎみ
-15% < X <+15%ふつう
-20% < X < -15%やせ
-20% ≦ Xやせすぎ
②学童(6歳以上)
肥満度判定
+50% ≧ X高度肥満
+30% ≦ X < +50%中等度肥満
+20% ≦ X <+30%軽度肥満
-20% < X <+20%普通
-30% < X ≦ -20%軽度やせ
-30% ≦ X高度やせ