急募、看護師、准看護師さん

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

もともと皮膚には外からの刺激が体の中に入るのを防ぎ、皮膚からの水分が出ていくのを防ぐ機能があります。そのバリア機能に障害が起こると赤みや湿疹が慢性的にに起こり、アトピー性皮膚炎となってしまいます。子どもに多い病気ですが、一部は大人にも見られることがあります。

原因および症状

原因はもともと皮膚のバリア機能が低下していることやアレルギー体質である、周りの環境やストレスによっても発症します。症状は皮膚が乾燥してかゆみが出てきます。首まわりや関節の屈曲部の皮膚に症状が起こりやすいです。かゆみのためイライラしたり、日常生活に影響を及ぼします。また、ウイルスや細菌の感染症を発症してしまいます。症状は良くなったり、悪くなったりを繰り返します。

検査および診断

問診、診察でほぼ診断はつきます。参考のため血液検査でアレルギーの数値を見ることもあります。

治療

主にステロイドの塗り薬を使用します。またかゆみ止めの内服薬を併用することもあります。ステロイドに抵抗のある方や、ステロイドが使用できない方には免疫抑制剤の塗り薬を使用することもあります。塗り薬のコツはしっかりと塗ることです。少ない量では効果が軽減します。また難治性の場合は注射薬を使用することもあります。治療を開始すると一旦は良くなることが多いですが、治療をやめるとすぐに悪くなってしまうこともあるため、治療の開始や中止は一緒に考えて進めていきましょう。